スポンサーリンク

★せどり失敗談★Amazon出品時の商品写真の確認は怠るな!!

あなたは、出品ためにAMAZONの商品登録した時、JANコードだけではなく、その商品の写真もきちんと確認しているだろうか?

チェックする人

ごくまれに登録しようとした商品が、モデルチェンジされていることがある。

しかも、JANコードは同じで、形状が微妙に変わっていたりする。

私が、このことに気が付いたのはつい一週間前のことだった。

AMAZON Seller Centralの画面を見ていた時、売上金額が前日確認した時より、微妙に減っていることに気が付いた。

「おかしいな」と思ったので詳細表示にすると、返品対応している上、さらに返金対応までされていた。

この時初めて知ったのだが、FBA(フルフィルメント バイ アマゾン)を使用すると、配送手配~クレーム処理~返品・返金対応まで出品者の確認なしに行ってしますと言う事を。。。。。

いちを返金対応した旨は、メールが来るのだが運の悪いことにそのメールが迷惑メールに振り分けられていた。そのため気が付くのに数時間のロスが発生してしまった。

メールによると詳細な返品理由は、「問い合わせてくださいね。」と記載されていた。

だから、またしてもすぐに電話した!!!

AMAZONさんから教えられたのは、「購入者様からは商品説明の写真と全く違うものが送られてきた」と回答されております。

!!!!!っっえ。どういうこと。

JANコード確認して登録しましたよ。

形違うわけない。ちょっと現物確認してきて(かなりテンパっていた)

AMAZONからの返答は、「NO!!」引き戻して自分で確認してください。とのことだった。

すぐに手続きをして昨日戻ってきた商品を見ると↓

ハリオ水だしポット

続いてアマゾンの商品ページの写真↓

ハリオ水だしポットアマゾン
あれ!?っメタボ解消した??? 

写真が全然違うじゃんすごくスリム。。。。。。JANコードは。。。。。一緒。。。。?????どういうこと????

Google先生に確認したところ数年前にモデルチェンジしたらしいことが。。。。。

ならJANコードも変えとけよ!!!!!

こんな失敗もおこりうるので、商品登録の際は、是非気を付けてください。

そうそう、他の失敗談としてショップジャパンの商品を取り扱う時は

下の記事を見てもらうと注意点がわかるので是非閲覧して欲しい

↓  ↓  ↓

★せどり失敗談★なぜ出品規制?ショップジャパン製品の脅威

自宅に居ながら、PC操作で商品を仕入れる。

空いた時間にオークションサイトやネットショップ

から商品を仕入れる。

 

そんな電脳せどりの準備の方法を作ってみました。

 

電脳せどりを始めたいそこのあなた!!

 

是非こちらを参考にしてみてください。

↓  ↓  ↓

電脳せどり準備

今、あなたは100円を持っていますか?

・はい!
・いいえ!


はい!を選択した方は
億万長者になる方法が1つだけあります。

たった1枚の100円玉を
‘ある専用の貯金箱’に入れて、
24時間後その100円が10万円、50万円、100万円に化けたらどうしますか??

そんな夢のような専用貯金箱が存在してしまうのですが・・・

今すぐ手に入れませんか?

気になるあなたは是非クリックしてみてください。

新しい人生がきっと待っていますよ!!!

↓  ↓  ↓

header01

【終了】12月15日23:59まで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする