2018年公開『いぬやしき』の映画主演キャスト発表ネタバレ(犬屋敷役を木梨憲武さんが、獅子神役を佐藤健さんが熱演予定)


スポンサーリンク

2018年に公開されるGANTZの奥浩哉先生の漫画「いぬやしき」が実写映画化されます。

そして、本日、メインキャストが発表されました。

私の好きな作品映画化ということで、このブログで紹介したいと思います。

今回発表された、キャストなんですが、

主人公・犬屋敷壱郎役を木梨憲武さん、大量殺人鬼・獅子神皓役を佐藤健さんが演じることが

決定した。なお、木梨は実年齢より老けて見える犬屋敷役を演じるに当たり、特殊メイクを施

して挑むという。

やばいですね。かなり良い感じだと思いませんか??

現在既刊1~8まであり、2017年秋のアニメ化か2018年の実写化までには完結するのでは

ないかと予想しいる。


<あらすじ>

平凡なサラリーマンの犬屋敷壱郎は、やっとの思い出一戸建てのうちを購入する。

目の前の大きな家のせいで日当たりも悪いその家は、家族から大変な不評をくらう。

家を購入して数日後、体の異変に気がつき、病院で検査を受けると「末期がん」のため

余命3ヶ月と宣告される。家族にも打ち明けられずに苦悩する日々。

「自分が死んだら家族は悲しむだろうか?」そんな思いを巡らせながら犬の散歩をしていたら

急な感情の高ぶりで公園へ。ひとしきり泣いた犬屋敷の目の前にまばゆい閃光が。。。。

隕石(UFO)の衝突により、公園にいた犬屋敷と獅子神は死んでしまう。

一方、地球の生命体を殺してしまい焦る宇宙人は、何とか復元しようと手持ちの兵器ユニットで2人を復元する。

朝、犬屋敷が目を覚ますと、特に変化のない元の体に戻っていた。

再び病院で検査を行うもレントゲンには何も写らないし、注射器の針も通らない、そして脈も。。。。

そう、犬屋敷はアンドロイドになっていたのだ。

犬屋敷は、自分を人間であると実感するためにどんどん人助けをしていく。

一方、獅子神は、人の死ぬ間際の恐怖や悲鳴、死でしか人間であることを実感できなくなっていた。

ここからが奥ワールド全快の爽快なストーリーが続いていく。。


私も、1~7巻まで持っているが、本当に考えさせられる内容になっていてどんどん

この漫画のストーリーに引き込まれていく。

木梨憲武さん、佐藤健さんが演じる「いぬやしき」が本当に面白いものになることを期待しています。

劇場には、絶対行きたいと思うので前売り券は買わないといけないですね。

そうそう、正露丸が51年ぶりに新製品を発表しました。

そのことを記事にしているので是非読んで欲しいと思います。

↓  ↓  ↓

正露丸液状タイプの新製品を発表(51年ぶりの新製品ってどうなの??)

 


たかポンの誰でも簡単楽々せどり術通信無料登録

*メールアドレス


 

無料特典:「規制なんて関係ない利益5万円確定セット本リスト70」

をプレゼント中

 

 


 

 

自宅に居ながら、PC操作で商品を仕入れる。

空いた時間にオークションサイトやネットショップ

から商品を仕入れる。

 

そんな電脳せどりの準備の方法を作ってみました。

 

電脳せどりを始めたいそこのあなた!!

 

是非こちらを参考にしてみてください。

↓  ↓  ↓

電脳せどり準備

現在、あなたが行っている「せどり」が労働収入であることに

気がついていますか?

あなたは、折角「せどり」を行っているのなら是非その方法を

情報発信して収入を得るべきです。

今回、期間限定で「せどり」+「情報発信」を組み合わせた方法で

収益を出せる方法を無料公開しています。

せどりから始める自由人生活

興味のある方は是非、下記画像をクリックしてみてください。

↓   ↓    ↓


スポンサーリンク

シェアする

フォローする