スポンサーリンク

カブトガニの血液が人類を救う!?(お前の血は何色だ!!)

血液

あなたは、カブトガニの血液が今や医療に欠かせない

存在になっているということをご存じだろうか?

カブトガニ

今、カブトガニから採取される青い血液が

人類に大きく貢献している。

青い血液

カブトガニの血液には特筆すべき点が2点ある。

1つ目は、淡い青色していることである

これは、酸素を体内に運ぶヘモグロビンという物質

が銅を用いているからである。

(ちなみに人間のヘモグロビンは鉄を用いている)

そして2つ目は、カブトガニの血液は細菌内毒素と反応を示すことである

汚染があった場合には凝固し、ゲル状の物質となってそれを閉じ込めるのである。

非常に感度が高く、ppt(1兆分の1)レベルの汚染に対しても反応する。

この2つ目の細菌内意毒素と反応する成分を取り出すため血液を

遠心分離機にかけて分離しているのだ。

医療機器やワクチンの汚染の有無を確かめる試験にLAL試験というものがある。

分離された血液成分はこのLAL試験に用いられる。

LAL試験を行い凝固反応が見られなければ、その医療機器などは汚染が

ないということになる。

そのため、企業は今、大量のカブトガニの血液を必要としているのだ。

カブトガニの捕獲は、アメリカのデラウェア湾を中心とした東海岸で行われる。

毎年、50万匹ものカブトガニが捕獲されている。

そして、捕獲されたカブトガニは、約30%の血液を強制献血され、

また、海に放流されるのである。

献血

それでも10~30%はこの処理で死んでしまう

また、ある研究によれば、特にメスのカブトガニへの負荷が高いらしく、

血液を採取された場合、産卵場所へ移動する頻度が減り、

繁殖数に影響が出ることも明らかとなっている。

しかし、今やこのカブトガニ市場は、年間58億円にもなっている。

上記のLAL試験の1L溶液が170万円のも価値がある

最近の研究では、この凝固成分を人工的に作り出す技術も

開発されており、すでに”プライオジーン(PryoGene)”

という製品が販売されている。

近い将来、生きた化石と呼ばれるカブトガニが、

強制献血されなくなる日も来るだろうと思う。

最後に、最近先輩の家で見かけた新種のカブトガニ

について独自で調査・整理した技術資料がありますので

添付いたします。

山田さんカブトガニ

そうそう、睡眠薬と睡眠導入剤の違いって知ってるかな?

そんな記事を書いたので、是非確認してみてください。

↓  ↓  ↓

睡眠薬と睡眠導入剤の違いについて

自宅に居ながら、PC操作で商品を仕入れる。

空いた時間にオークションサイトやネットショップ

から商品を仕入れる。

 

そんな電脳せどりの準備の方法を作ってみました。

 

電脳せどりを始めたいそこのあなた!!

 

是非こちらを参考にしてみてください。

↓  ↓  ↓

電脳せどり準備

今、あなたは100円を持っていますか?

・はい!
・いいえ!


はい!を選択した方は
億万長者になる方法が1つだけあります。

たった1枚の100円玉を
‘ある専用の貯金箱’に入れて、
24時間後その100円が10万円、50万円、100万円に化けたらどうしますか??

そんな夢のような専用貯金箱が存在してしまうのですが・・・

今すぐ手に入れませんか?

気になるあなたは是非クリックしてみてください。

新しい人生がきっと待っていますよ!!!

↓  ↓  ↓

header01

【終了】12月15日23:59まで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする