食べて痩せる!?ダイエットに効果的、痩せホルモンGLP-1

お役立ち情報

あなたは、例えたくさん食べてしまったとしても、
痩せさせてくれる体内ホルモンがあることをご存じだろうか?

GLP-1
それが、どんな人でも体内で分泌することのできるホルモン
「GLP-1」である。

 

 

このGLP-1は、別名グルカゴンと言い、
食事をとると誰でも小腸から分泌されるホルモンである。

body_syokudou_i_chou

 

このGLP-1ホルモンには、インシュリンの分泌を促進する
働きがあり、血糖値を下げる効果を持つ。
この効果から糖尿病の治療にも期待されている。

 

 

 

そのホルモンが、なせ痩せるのに効果があるのかと言うと、
先ほども述べた「血糖値を下げる効果」に起因している。

 

 

要するに、体内に取り込まれた糖の吸収を抑えてくれる働きがあるのだ。

 

 

 

このGLP-1ホルモンをより効率よく分泌させるには、食事が大事である。

 

GLP1を分泌させるのに良い食材をランキング形式で発表する。

 

<野菜部門>

1位・・・アボガド

2位・・・ヒジキ

3位・・・かぼちゃ

 

アボガドヒジキかぼちゃ

 

 

野菜部門を見てもらうとだいたい想像できるかもしれないが、
これらは、食物繊維を多く含む食物である。

 

 

食物繊維は、消化が遅く小腸まで消化されることなく到達する。
そのため、小腸は刺激を受けGLP-1ホルモンを分泌するのである。
続いて、、、、、

<魚部門>

1位・・・マグロ

2位・・・いくら

3位・・・サバ

マグロいくらPrint
魚部門は、青魚が効果が高いと言われている。
青魚に含まれるEPAに効果があるようだ。

 

 

 

ちなみにEPAは、魚の油に含まれており、動脈硬化
や心筋梗塞、脳梗塞を予防する働きを持つ。
生の魚がちょっと苦手な人に朗報!!

 

 

 

何とこの青魚なんだけど缶詰でも大丈夫なんだって。

 

サバ缶
ちょっと意外。加工されても問題ないようです。

 

 
こんなに優秀なGLP-1ホルモンだけど、ただ分泌させている
だけでは効果は薄いんだ。

 
有酸素運動と組み合わせることでよりその効果は倍増する。

運動

 

 

具体的にはホルモン作用でコレステロールの吸収を抑えて、
運動することで脂肪を燃焼させて体脂肪を減少させる。

 

 

 

後は、腸内環境を整えることでより効果がアップする。

 

 

 

やはり、腸から分泌されるため便秘や下痢などでは効果が
半減してしまうのだ。

 

 

 

なので、普段から適度な運動、そしてヨーグルトなどの乳製品
で構内環境を整え、そして食物繊維や青魚をを多く含んだ食事を
すれば、食べて痩せる事が出来る。

 
最後に、こんな素晴らしいホルモンをサプリメントなどで補いたいと
思っているあなた。

 
残念だが、世の中にGLP-1を摂取できるサプリメントは存在しない

 

 

 

 

でも、上でもあげているように、食物繊維系サプリメント
EPAを摂取できるサプリメントは有効だ。

 

 

これから夏に向けて食欲が落ちてしますが、しっかり食べて
この痩せホルモンを分泌させて上手に痩せましょう。

 

 

そうそう、最近「そうめんサミット」に行ってきたんだ

その時の記事はこちら

↓   ↓   ↓

サービスは残業ではなく家族にするものだ

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました