WordPressで記事下に定型文を投稿するプラグイン(しかも一括変更可能)

お役立ち情報

wordpress

 

あなたは、ブログを書いていて定型文を挿入することがあるだろうか?

 

しかも、その定型文を変更するとき、記事を一個一個開いて、

コピペしたりしていないだろうか??

 

 

この記事を読んだあなたは、きっとこの便利なプラグインを

使ってみたくなるはずだ。

 

 

今回紹介するプラグインは、『TinyMCE テンプレート』になります。

 

まずは、導入方法から、

 

WordPress管理画面の、プラグインの『新規追加』をクリック

プラグイン導入①

 

次に、検索窓に『TinyMCE テンプレートと入力

プラグイン導入②

 

検索後、出てきた結果の中のTinyMCE テンプレートのインストールをクリック

(ここではすでにインストールしているので済みになっています)

プラグイン導入③

 

インストールをクリックすると、ファイルが解凍されインストールされますので

終わったら、有効化をクリックしましょう。

プラグイン導入④

 

 

これで、導入は完了です。

 

 

 

それでは、実際にどのように使うかというと、

 

メニューの中の『テンプレート』から新規追加をクリック

プラグイン導入⑤

 

すると、記事を書く画面と同じようなフォームが現れるので、

テンプレート名、と定型文の内容を記入しましょう。

 

そしてここが重要なんですが、書きあげた定型文を挿入する

方法を『ショートコードとして挿入』をっ選択しましょう。

 

プラグイン導入⑥

 

 

 

ここで、もしショートコードを選択しなかった場合

挿入した定型文の一括編集が行えないので注意しましょう。

 

 

 

私は、現在下記のように定型文を管理している。

プラグイン導入⑦

 

 

定型文の挿入は、記事投稿画面の『テンプレートを挿入』をクリック

すると設定した定型文がwindowで現れるので、右下の『挿入』

をクリックする。

 

プラグイン導入⑧

 

 

すると、ショートコードで挿入することになているので記事に

あらかじめ決められたショートコードが表示されます。

これで定型文の挿入が完了しました。

 

プラグイン導入⑨

 

 

これを使うと例えば、無料オファーなどをする場合、この一括編集用の定型文を

編集すれば、全部の記事下の定型文が変わるようになっている。

(記事下には毎回同じコードの定型文を挿入する必要あり)

 

 

そして、無料オファーの期間が終了した場合は、自分のブログのお勧め

ここでは『電脳せどりの準備』という定型文を、一括編集用にコピペ

すれば、また記事下全体の定型文が元に戻ると言う仕組みになっている。

 

 

ちなみに、定型文を表示させたくない場合は、定型文を未記入にすればOK

 

 

とっても簡単で便利なプラグインなので是非使ってみてください。

 

 

 

 

 

そうそう、最近やっとAmazonのカテゴリー申請のドラッグストアー

と食品に通ることができました。その記事を書いて見たので

興味があれば是非読んでみてください。

↓  ↓  ↓

Amazonカテゴリー申請ついにドラッグストアーと食品の解除に成功!!

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました